飲食業に興味がある方のためのインフォメーションサイト

>

飲食店の経営形態とコンセプト

飲食店における一般的な開業資金はいくら?

一般に飲食店の開業資金は坪単価で100万円程度とされ、10坪単位で考えると1000万円程です。
具体的には物件の購入ないし賃貸費用約400万円、改装費用約300万円、設備費用約200万円といったところで、広告料や雑費約100万円が加わります。

経営失敗のリスクを考えれば開業資金を全額自己負担するのが理想的かもしれませんが、公的機関から開業資金を借り入れた場合、経営者に対する援助の側面もあることから、いきなり融資を打ち切られるようなことにはなりにくいため、事業計画書の作成や諸手続きを苦としないのであれば、公的機関からの開業資金を借り入れも考慮すべきでしょう。

忘れないでもらいたいのは、経営には仕入れ費用や人件費に以外に運転資金も必要となる点です。
運転資金とは売上金が入るまでの穴埋め資金であり、運転資金が無ければ経営は成り立ちません。
開業資金を計算する際には運転資金を半年分は見積もっておきましょう。

開業資金不足の場合の対処法

飲食店を経営してみたいものの開業資金が用意できない、あるいは足りないといった場合、開業費用を削るのがスタンダートな対処法ですが、開業費用削減のための具体案を考えてみましょう。

開業費用を削る際、最も削りやすいのは改装費用です。
改装費用は店舗の内装及び外装を整備するための費用ですが、業者へ依頼する場合は依頼内容の厳選による費用の節約、自分で改装を行うのであれば外装や内装の自主改装などが挙げられますが、もしも店舗の内装や外装、設備等に強いこだわりが無い場合は、以前の店舗やテナントの設備・内装を利用可能な居抜き物件の利用も有効な費用対策です。

その他の費用対策としては移動販売や食品営業自動車の利用が考えられます。
開業費用を300万円ほどに抑制できますが、移動販売の場合加工済みの食品の販売しかできず、食品営業自動車を利用する場合も小分け、盛り付け、加熱処理等の調理しかできないという欠点もあります。


TOPへ戻る