飲食店の開業に必要な資金はいくら?

飲食業に興味がある方のためのインフォメーションサイト

飲食店の経営形態とコンセプト

どのような事業においても開業資金は高額になりがちですが、飲食業界は特に開業資金が高い傾向にあります。 開業資金の高さを理解してなお、飲食店の開業を目指すのであれば、一般的な開業資金額を把握することも大切ですが、開業資金が不足した場合の対策も考慮すべきです。

一般的な飲食店の開業資金

飲食店に限らず、経営において真っ先に考える必要があるものの一つが、経営形態です。
飲食店の一般的な分類は飲食サービス業となりますが、レストラン・食堂・居酒屋など、その経営形態は多岐にわたります。

経営形態やコンセプトによって必要な資金や店舗面積は異なりますし、改装費用や設備投資に必要な金額も含めてしっかりと計画しておかなければ、経営を始めても行き詰ることは明らかです。

例えばレストラン経営であれば、回転数で勝負する単価の安いレストランと客単価で勝負する回転数の低いレストランでは、食材の仕入れ値、必要なスタッフの人数、調度品の数量やクオリティ、コンロの設置数などが明確に異なるため、コンセプトに沿った事業計画は必須となりますし、量より質にこだわった食堂と質よりも量にこだわった食堂、アルコール類重視の居酒屋とつまみ重視の居酒屋など同じ経営形態であっても、やはりレストランの場合と同様にコンセプトが異なれば、必要とされる費用は全く異なるのです。

また経営目的によってもやはり必要な費用は異なり、利益を重視するのであれば流行やトレンドの追及や市場調査が欠かせませんし、趣味を兼ねた店であれば、様々な面で費用がかかる事は想像に難くありません。

以上のことを踏まえて考えるのであれば、経営形態やコンセプトにこだわるのであれば初期費用はできるだけ多い方が、経営面から考えても店舗づくりの観点からも良いと言えるでしょう。

経営と資金運用から見る他業種との違い

飲食業に携わるのであれば、飲食店の経営や資金運用はもちろんのこと、飲食業と他の業界との違いについても知っておくと、飲食業に対する理解をより深めることに役立つでしょう。 飲食業の基本的な特徴と他業種との相違を把握し、貴方の飲食店経営にお役立てください。

知っておくべき経営上のメリット・デメリットと公的融資

経営者に限らず、労働者であっても業界ごとのメリット・デメリットや公的融資については知っておいて損はありません。 飲食業の経営におけるメリット・デメリットと併せて、開業する上で留意しておくべき公的機関を利用した資金調達の方法についても知っておけば、飲食業界で働くための一助となるはずです。

TOPへ戻る